おおさかねこ倶楽部について

おおさかねこ倶楽部は、2011年4月に有志によって設立されました。

おおさかねこ倶楽部の願い

私たちはのら猫のいない街づくりをめざしています。

私たちはのら猫のいない街づくりをめざしています。先進国であるはずの日本では、街のいたる所で猫を見かけます。そして、公園には必ずと言っていいほど猫が捨てられ、暮らしています。
でも、捨てられた子猫は、カラスに食べられたり、餓死したり、車に轢かれたり不幸な最後を終える子が多いのです。のら猫を巡るトラブルは、すべて猫の遺棄から始まっています。
遺棄をなくすためには、どのような事をすれば良いのか?活動の原点なのです。私たちは不妊・去勢を啓発して、猫を捨てる人がいなくなる世の中になることを願っています。

おおさかねこ倶楽部の取り組み

のら猫の不妊手術を実施しています。

不妊治療済みの猫ちゃんです。術後には、区別がつくように耳をカットしています。1匹、1匹捕獲して手術を受けさせるのは大変な事ですが、地道な活動が不幸なノラ猫を増やさない近道になると信じて頑張っています。産まれてきた赤ちゃんは、野犬やカラスなどのエサになったり餓死や凍死することが多いからです。

のら猫の現状

過酷に暮らすのら猫たち

虐待にあった猫ちゃんです。前足を2本とも切断されています。人懐こくすり寄っていく猫ちゃんなどが被害にあうことが多いです。人間に捨てられた上に、このような被害にあう悲惨な末路です。

子猫の健康診断

子猫を保護したらすぐに病院へ

まだ小さいうちは、免疫がなく色々な病気をしやすいので、定期的に獣医さんに診ていただいています。

成猫の健康診断

のら猫ちゃんは色んな病気の疑いが

ウィルス検査・ワクチン・去勢・避妊手術を行います。病気によっては、入院させることもあります。

里親様探し

里親様へ引き渡しの様子

里親さまへの、引き渡しの様子です。いろいろ話し合いが行われた結果、猫ちゃんを引き取っていただくことになりました。今までの分、たくさん可愛がっていただけたらと思います。引き渡しの際には、こちらから注意事項をお話させていただきます